We like to be different. Think different, act different, and be different.
BOPビジネス研究サイト
Contact Me HOME
BOPビジネスとは、貧困層に対して援助や支援という従来のアプローチではなく、ビジネス・ベースで
Now coming ! 菅原秀幸・大野泉・槌屋詩野共著 『BOPビジネス入門:パートナーシップで世界の貧困に挑む』 2011年7月19日
アプローチし、貧困層の生活向上に資するという新しい考え方に基づいたビジネス。
研究のテーマ

 「日本企業によるBOPビジネスの現状、可能性、課題」
 これまで無視されてきた世界人口の約70%にのぼる貧困層は、先進国の企業にとって、未開拓の新市場です。それと同時に、企業の進出による貧困層の経済成長は、貧困の削減につながります。このような企業利益と社会利益の同時実現を図るという魅力的なビジネスの成功には、従来とはまったく異なるビジネスモデルが必要です。
 BOPビジネスの真価は、「ビジネス戦略(新市場の創造)」と「開発戦略(貧困社会の課題解決)」の融合にあります。それを実現するためには、斬新なパートナーシップによる「協創」が鍵となります。この新しい21世紀型ビジネスについて探求しています。

現在の研究プロジェクト
平成23年~24年度 財団法人電気通信普及財団研究調査助成
「情報通信技術の途上国貧困層への開発インパクトに関する実証分析─ケニアのM-Pesaを事例として─」
(研究代表者:菅原秀幸、研究チーフ:松島桂樹武蔵大学教授、共同研究者:大野泉政策研究大学院大学教授)
BOP(M-PESA)研究会(主査:松島圭樹) 
平成22年度~24年度科学研究費補助金による研究
「発展途上国における企業利益と社会利益の同時実現型ビジネスの可能性と課題の実証分析」
(研究代表者:菅原秀幸、基盤研究課題番号:22530419)
論文 & ワーキング・ペーパー

「世界40億人貧困層へのビジネス・アプローチ-日本企業の可能性(上)(下)」 ⇒
世界経済評論、5/6月号(通巻653号)、7/8月号(通巻654号)、2010
"Japanese Business and Poverty Reduction",
Society And Business Review, Volume 5, Issue 2, pp198-216, 2010 ⇒ 
「日本企業によるBOPビジネスの現状、可能性、課題」
国際ビジネス研究学会発行『国際ビジネス研究』(第2巻第1号2010年4月発行 
「 日本発BOPビジネスの可能性と課題」2009年12月5日
「BOPビジネスの源流は日本企業にあり ーその特性と可能性を探るー」2009年11月3日
「日本企業によるBOP ビジネスの可能性と課題」2009年8月
「BOPビジネスの源流ーヤクルトによる企業利益と社会利益の同時実現」2009年6月
「次なる40億人市場への共創アプローチ」 2008年3月 (word file)
「多国籍企業による貧困削減ビジネスの可能性 2007年10月
"Tapping into New Markets and Alleviating Poverty Simultaneously through Multinational Companies" (word file)
International Federation of Scholarly Associations of Management, 9th World Congress,
Shanghai, China, July 28, 2008
学会報告
(16) 国際ビジネス研究学会 北海道・東北部会 2011年8月27日(土)16:00-16:50 於:北海道大学
「BOPビジネスの真価:ビジネスと開発の融合への挑戦」 菅原 秀幸(北海学園大学)

(15)国際ビジネス研究学会東部部会 2011年4月23日(土) 於:早稲田大学
「BOPビジネスモデルの探究:ビジネス戦略と開発戦略の融合への挑戦」
(14) International Federation of Scholarly Association of Management, 2010 World Conference in Paris, July 9th 2010
'Japanese Companies as a Key Player of BOP Business at the Next Stage.'
(13) Academy of International Business, 2010 Annual Meeting, Rio de Janeiro, Brazil, June 25-29, 2010
'Japanese Business in the Bottom Market: Sources, High Potential and Some Issues'
(12) 多国籍企業学会第19回東部部会  2010年6月12日(土) 於:東洋大学白山キャンパス
「世界40億人貧困層へのビジネス・アプローチ-日本企業と欧米企業の可能性-」
(11) 国際ビジネス研究学会第28回関西部会  2010年3月27日(土) 於:関西学院大学梅田キャンパス
第4報告(16:00~16:55) 「BOPビジネスの日米欧比較」
(10) 日本貿易学会 2010年3月13日(土)於:青山学院大学
「日本企業によるBOPビジネスの現状とその方向性」 Exective Summary
(9) 経済産業省・JETRO BOPセミナー 
「海外市場開発の新たな切り口としてのBOPビジネス ‐開発途上国市場の潜在的可能性と官民連携‐」

全国8都市開催 「BOPビジネスと日本企業」

配布資料①「入門BOPビジネス」
配布資料② working paper
プレゼンテーション資料
12月16日(水)14:00~16:00
12月17日(木)14:00~16:00
1月13日(水)14:00~16:00
1月18日(月)13:30~15:30
1月19日(火)13:30~15:30
1月26日(火)14:00~16:00
1月28日(木)15:00~17:00
1月29日(金)15:00~17:000
広島
高松
福岡

仙台
札幌
富山
静岡
浜松
(8) 国際ビジネス研究学会  第27回関西部会 (2009年12月12日 関西学院大学)
「 日本発BOPビジネスの可能性と課題」

(7) 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所、アジ研パワーランチ(APL)
日時:2009年11月19日(木)12:30~14:00
「日本発BOPビジネス論序説」 プレゼン資料
(6) 2009年度 外務省・FASID国際シンポジウム 「国際開発における日本企業と政府開発援助の連携の可能性」
日時:平成21年11月17日(火)13時~17時30分  於:国連大学 ウ・タント国際会議場
「BOPビジネスの源流は日本企業にあり」 プレゼン資料

(5) 日本国際経済学会 第68回全国大会 (2009年10月18日 中央大学)
「貧困削減への市場ベース・アプローチの可能性と課題」 プレゼン資料ppt file

(4) 国際ビジネス研究学会 (2009年1月19日 早稲田大学)
  『日本企業によるBOPマーケットの開拓』 プレゼン資料
  「日本企業によるBOP マーケットの開拓」

(3) 日本経営学会 全国大会 (2008年9月5日一橋大学)ppt file
 『多国籍企業による21世紀型ビジネスの探求-利益と社会貢献の同時実現-』

(2) 日本貿易学会 第48回全国大会 (2008年6月1日青山学院大学)ppt file
 『多国籍企業による新市場開拓と 貧困削減への同時アプローチ』

(1)国際ビジネス研究学会 全国大会 (2007年10月28日高崎大学) ppt file
 『国際ビジネスの新たな研究課題ー貧困削減はビジネスになるか?』
●役立つ関連サイト
1.UNDP-Growing Sustainable Business for Poverty Reduction
2.Professor Lodge (HBS)-World Development Corporation
3.Professor Prahalad-BOP Market
4.Allen Hammond-The Next 4 Billion
5.Cornell University, Center for Sustainable Global Enterprise
6.The European business network for CSR
●BOP ビジネス関連文献ーこれらをおさえるとBOPビジネスが分かる
World Bank Institue(2008), SPECIAL REPORT "Buseiness and Poverty: Opening Markets to the Poor"

Clay, Jason W.(2005), Exploring the links between wealth creation & poverty reduction: a case study of Unilever in Indonesia, Oxfam

CSR Europe (2008), Creating Wealth and Value at The Base of The Pyramid: Unlocking Synergies among Business, Stakeholders and the European Commission, www.csreurope.org/toolbox/baseofthepyramid

Hammond, A. L., et al, (2007), The Next 4 Billion: Market Size and Business Strategy at the Base of the Pyramid, World Resource Institute http://www.wri.org/publication/the-next-4-billion

Hart, Stuart L. (2007), Capitalism at the Crossroads: Aligning Business, Earth, and Humanity (2nd Edition), Wharton School Publishing. (『未来をつくる資本主義』英治出版, 2008.)

Karnani, A. (2006), Fortune at the Bottom of the Pyramid: A Mirage, Ross School of Business Paper No. 1035, http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=914518

Kandachar, P. and M. Halme, eds. (2008), Sustainability Challenges and Solutions at the Base of the Pyramid, Greenleaf Publishing.

Kapstein, Ethan B.(2008), Measuring Unilever's Economic Footprint: The Case of South Africa, Famous Publishing
Monks, Robert & Nell Minow (2008), Corporate Governance-4 edition, Wiley-Blackwell.

Nestlé(2008), Creating Shared Value ,(『共通価値の創造』)http://www.nestle.com/SharedValueCSR/Overview.htm

Porter, Michael E and Kramer, Mark R (2006), “Strategy & Society: The Link Between Competitive Advantage and Corporate Social Responsibility,” Harvard Business Review, Dec2006, Vol. 84 Issue 12, p78-92

Prahalad, C. K. and Stuart Hart (2002), “The Fortune at the Bottom of the Pyramid,” Strategy + Business, 26 (2002): 54-67

Prahalad, C. K. (2002), The Fortune at the Bottom of the Pyramid: Eradicating Poverty Through Profits, Wharton School Publishing. (『ネクスト・マーケット』英治出版, 2005.)

Simanis, Erik and Stuart Hart (2008), The Base of the Pyramid Protocol: Toward Next Generation BoP Strategy Second Edition, http://www.bop-protocol.org/docs

/UNDP(2004), Unleashing Entrepreneurship: Making Business Work for the Poor, http://www.undp.org/cpsd/report/index.html

UNDP(2008), Creating Value for All: Strategies for Doing Business with the Poor, (『貧困層を対象にしたビジネス戦略-すべての人々に価値を創造する) , http://www.undp.org/gimlaunch/

Unilever (2007), Sustainable Development 2007, http://www.unilever.com/sustainability/sustainabledevelopmentreport/

USAID (2006), The Global Development Alliance: Public-Private Alliances for Transformational Development
http://www.usaid.gov/our_work/global_partnerships/gda/about.html#

Yunus, Muhammad (2007), Creating a World Without Poverty: Social Business and the Future of Capitalism, PublicAffairs. (『貧困のない世界を創る』早川書房, 2008.)

【入門BOPビジネス2010年版 version. 3】
【入門BOPビジネス2009】
【BOPビジネス社内説得資料2009】
「利益を最大化することだけに集中するよりも、社会的要求に応じてより良い仕事をするビジネスが必要なのだ」
(ムハマド・ユヌスー2006年度ノーベル平和賞受賞)

「40 億人が苦しむ貧困の削減に取り組むこと以上に、差し迫った課題はあるのだろうか。多国籍企業は、豊富な技術、能力、資源をもっている。それを、本当に求めている人々のために使わずに、物で溢れている人々に、従来製品のバリエーションを増やして、さらに売りつけようと努力することに、はたして説得力があるのであろうか」 (C.K. プラハラッド)


2008‐2009年の研究
HOME